ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

シリア政府軍、アレッポ旧市街を反体制派から奪還=人権監視団

2016年12月7日

[ベイルート 7日 ロイター] - 在英の「シリア人権監視団」は7日、シリア政府軍が内戦の激戦地アレッポを掌握したと明らかにした。

シリア政府軍とその同盟軍は、6日にアレッポの旧市街への進攻を開始。反体制派が5年近く支配してきたアレッポ東部を奪還し、重要な勝利を目前にしている。

 「シリア人権監視団」によると、政府軍は6日から7日にかけて進攻し、激しい空爆や爆撃が続いた。反体制派は旧市街からの撤退を余儀なくされたという。

トルコを拠点とする反体制派のある幹部はロイターに対し、政府軍は旧市街の一部を掌握したが、すべてではないと述べた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧