ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

トランプ氏、アイオワ州知事を駐中国大使指名へ 対中強硬後退か

2016年12月7日

[ワシントン 7日 ロイター] - トランプ次期米大統領は、駐中国大使にテリー・ブランスタド米アイオワ州知事を指名する。政権移行チーム関係者が確認した。

アイオワ州にとって中国は主要輸出先の1つで、ブランスタド知事は中国指導部とのつながりも深い。習近平国家主席はトップに就任する9カ月前の2012年2月に同州を訪問、ブランスタド知事は習主席を「旧友」と呼ぶ間柄だ。そのため専門家の間では、ブランスタド氏の駐中国大使起用は、米中間の貿易摩擦の低減に寄与するとの見方が出ている。

中国外務省の陸慷報道局長は、ブランスタド氏の駐中国大使指名を伝えた先のブルームバーグ報道について聞かれ、「旧友であるブランスタド氏が米中関係の発展により大きな役割を果たすことを歓迎する」とコメントした。

知事の報道官は「報道は早計で、正確ではない」と否定していた。

昨年の米国産農産物の対中輸出量は過去最高を記録するなど、米国では中国の商品(コモディティ)需要への依存が強まっている。こうした事情を背景に、ブランスタド氏の起用は、トランプ氏が大方の予想ほど中国に対し強硬な姿勢を取らないことを示唆しているとの見方が出ている。

トランプ氏は先週、これまでの慣例を破り、台湾の蔡英文総統と電話で協議した。次期米大統領、または現職の米大統領が台湾のトップとこうした接触を持つのは、カーター元大統領が「一つの中国」の原則を採用した1979年以来初めてで、トランプ氏の対中政策に関し注目が集まっている。

*内容を追加して再送します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧