ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

シンガポールでデリバティブ取引の開始遅れる、障害は5カ月で2度目

2016年12月8日

[シンガポール 8日 ロイター] - シンガポール取引所(SGX)<SGXL.SI>で8日、日経225先物<0#SSI:>など一部のデリバティブ取引の開始が通常より2時間以上遅れ、現地時間午前10時(日本時間午前11時)に始まった。

SGXでの取引障害はここ5カ月で2度目。度重なる取引障害は投資家の不信感を招きかねない。

アジアの証券取引所の競争が激化する中、SGXの活性化を図るロー・ブンチャイ最高経営責任者(CEO)に重圧がかかっている。

8日の現物株式の取引は通常通りだった。

SGXは8日の声明で、11月14日に新たなデリバティブ取引・清算システムを導入したと明らかにした上で、「日経225先物の12月限に関連した特定の問題が、日経225先物を含む一部のデリバティブ契約の取引開始を遅らせた。この問題はわれわれの監視プロセスで検出され、ただちに解消された」とコメントした。

SGXは7月にも証券取引を停止しており、このときは取引再開が翌日に持ち越された。

昨年8月には、デリバティブ市場で取引が一時中断。2014年には取引中断が2度起きている。

*内容を追加します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧