ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

トランプ次期米大統領が関係修復の意向表明=フィリピン大統領

2016年12月8日

[マニラ 7日 ロイター] - フィリピンのドゥテルテ大統領は7日、2日に行ったドナルド・トランプ次期米大統領との電話会談について、フィリピンの麻薬政策に伴う死者の増加で悪化している米国との関係修復を望むとの話があったとし、トランプ氏が聖人のように思えたとの感想を語った。

ドゥテルテ大統領は、国連主催の反汚職関連会合で、トランプ氏との7分あまりの会談における発言を引用。「両国の関係悪化を修復すべきだ。米国人の批判を懸念していることは分かっているが、あなたは良いことをしている」と言われたことを明らかにした。

また麻薬対策について意見を聞きたいのでニューヨークかワシントンに招待されたことを明らかにした。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧