ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンド 企業特集

JR西日本 佐々木隆之社長インタビュー
「地域と共生しないと生き残れない
経営の新たな柱を確立した」

2011年2月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2005年の福知山線事故から6年。信頼を回復し、低収益時代に備えるために佐々木隆之社長が打ち出したのは、地域との共生と現場重視。JRらしからぬ作戦の数々で、官僚体質からの脱却を狙う。
(聞き手/「週刊ダイヤモンド」編集部 津本朋子)

Photo by Kazutoshi Sumitomo

──これまでの中期経営計画とのいちばんの相違点は。

 今回の計画は、2008年に作ったものを見直したという位置づけではあるが、ほとんど新規に作ったといっていい内容だ。

 ただ、これまでと変わらないのは、安全性のさらなる向上と、ご被害者への対応。今回も経営の3本柱に据えている。

 安全投資を増やすなど、考えうる限りの対策を講じてきた。成果が出てきている部分もあるが、まだまだ不祥事や事故を連発しており、やるべきことは山積みだ。

 一方、これまでと違うのは、会社としてどう生き残っていくのか、何を重要視するのかという基本を明確にしたところだ。以前は、売上高をいくらにするといったような、計数的な計画しか作ってこなかった。

 やはり鉄道会社なのだから、沿線地域との共生なしでは成り立たない。そして、鉄道会社の仕事の9割を担っている現場。この二つをきちんと柱に据えたうえで、具体的な戦略を練った。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


週刊ダイヤモンド 企業特集

経済環境が激変するなか、企業が成長を続けるためには、従来の価値観に捉われない長期的な視点による経営戦略が必要だ。経営課題を克服して自社の強みを伸ばすための秘訣を、大企業の経営戦略から紐解いてみよう。

「週刊ダイヤモンド 企業特集」

⇒バックナンバー一覧