ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ZMP、顧客情報流出で上場手続きを延期

2016年12月8日

[東京 8日 ロイター] - 自動運転技術を開発するベンチャーのZMP <7316.T>は8日、東証マザーズへの上場手続きを延期すると発表した。同社は11月17日に発表したインターネットへの顧客情報の流出問題が延期の理由としている。

同社は、12月8日開いた取締役会で、新株発行と株売り出しの中止、および上場手続きの延期を決議した。同社は今月19日の上場に向け準備を進めていた。

同社によると、ネット上に流出した顧客情報はすでに削除されており、新たな流出も確認されていない。しかし、上場に向けた手続きを再開するには、情報セキュリティ対策の強化や従業員教育の徹底などが必要で、その整備には時間がかかると判断した、としている。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧