ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ユーロ下げに転じる、ECB買い入れ「縮小しより長く」

2016年12月9日

[ロンドン 8日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が資産買い入れを「規模を縮小し長く」実施する方向へと変更したことを受け、ユーロが当初の上げから下落に転じた。

欧州中央銀行(ECB)は資産買い入れを来年末まで延長することを決めたが、月額の買い入れ規模は800億ユーロから600億ユーロに減額した。

発表直後、ユーロ/ドル<EUR=>は一時1.0875ドルに急伸。だがその後は1%安の1.0630ドルをつけた。

資産買い入れの詳細が明らかになる中、ユーロ圏国債利回りは総じて2─8ベーシスポイント(bp)上昇。だがECB発表前につけた水準か、これを下回る水準で推移している。独10年債利回り<DE10YT=TWEB>は8bp上昇の0.43%。

みずほのストラテジスト、ピーター・チャットウェル氏は、今回の資産買い入れ変更のポイントは「規模を縮小しより長く実施する」と指摘。このため「2017年12月、18年にわれわれの予想以上の買い入れを実施している可能性がある」と述べた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧