ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ワイトマン独連銀総裁、ECB資産買い入れ延長に反対=現地紙

2016年12月9日

[フランクフルト 8日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのワイトマン独連銀総裁は、ECBが8日の理事会で決定した資産買い入れの延長に反対を表明した。独紙フランクフルター・アルゲマイネが報じた。

独連銀は報道に関するコメントを控えた。

ECBは現在月額800億ユーロとしている債券買い入れの規模を来年4月から月額600億ユーロに縮小することを決定。だが景気支援のため、買い入れは2017年末まで、もしくは必要に応じてそれ以降も継続するとし、ドラギ総裁はテーパリング(買い入れ縮小)に関する協議はなかったと言明した。

中銀筋はロイターに対し、ワイトマン氏がECBの資産買い入れに懐疑的な立場であることは広く知られており、変わっていないと話した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧