ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国、海外向け投資案件の確認開始━外為当局者=新華社

2016年12月9日

[北京 8日 ロイター] - 中国当局は、通貨の不正な越境取引を取り締まる一環で、一部の海外向け投資プロジェクトの確認作業を始めた。新華社が8日、国家外為管理局(SAFE)当局者の話として報じた。

中国政府は国外に流出する資金の管理強化に向けた一連の措置を発表している。

SAFE当局者は新華社に対し、当局は海外への投資実績があるものの取引の実態がないとみられる新会社や、海外事業を持続できないとみなされる企業を確認の対象とすると説明。

親会社の中核事業と関係のない海外投資プロジェクトのほか、「通常とは異なる」人民元調達や不正な海外への資産移転が疑われる企業についても確認するという。

新華社によると、この当局者は、中国当局は虚偽の投資活動を取り締まる一方で、海外投資のための「実質的かつ妥当な」外為需要は保証するとも発言。

国内の個人や企業の外貨需要が急増している兆候はなく、外貨準備は引き続き潤沢との見方を示し、「現時点で企業や個人の外貨買い意欲の高まりはみられず、外貨利用のニーズは満たされている」と述べた。11月の資本流出はコントロールされているとした。

人民銀行(中央銀行)が前日発表した11月末時点の外貨準備高は市場予想を下回る3兆0520億ドルで、5カ月連続の減少となり、2011年3月以来約6年ぶりの低水準を記録した。減少幅は690億6000万ドルと、1月以来の大きさとなった。

*内容とカテゴリーを追加し、写真つけました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧