ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

北朝鮮ミサイル開発、大気圏再突入技術の完成はまだ=米軍高官

2016年12月9日

[ワシントン 8日 ロイター] - 米軍高官は8日、北朝鮮が小型化した核弾頭をミサイルに搭載することは可能とみられるものの、長距離弾道ミサイルに必要な大気圏再突入の技術については、まだ完成していないとの認識を示した。

匿名の高官は記者団に対し、北朝鮮は核弾頭をミサイルに搭載する能力を持っているようだと述べた上で、「再突入についてはまだ不確かだ」と述べた。

高官は、米軍は北朝鮮から受ける脅威への対応をつねに見直していると指摘。ここ数カ月には同国情勢への警戒が高まったとした。「(金正恩朝鮮労働党委員長の)極めて挑発的な行動により起こり得るすべての可能性に準備している」と述べた。

*写真を付け、カテゴリーを追加して再送します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧