ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

仏アレバ原子炉工場での文書偽造疑惑、当局が捜査開始=関係筋

2016年12月9日

[パリ 8日 ロイター] - 関係筋によると、仏原子力大手アレバ<AREVA.PA>の工場での文書偽造疑惑をめぐり、パリの検察当局が捜査を開始した。今後は警察が証拠収集を担当する。

仏東部にある同工場では原子炉部品を生産している。

アレバは5月、ルクルーゾ工場での製造や品質管理に関する一部文書が偽造されていた可能性があると表明。また仏原子力安全局(ASN)に対し、1965年以降に製造された約400点の部品に異常があることが分かり、うち約50点は仏国内の原子力発電所で使用中とみられると報告した。

これを受け、ASNは10月、当局に捜査を要請したと明らかにしていた。アレバの広報担当はロイターに対し、同社は「現時点で捜査について知らされていない」とした上で、捜査に協力する意向を示した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧