ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

悲劇生んだ物価水準の認識違い
「忠臣蔵」の裏にインフレ政策

加藤 出 [東短リサーチ代表取締役社長]
2016年12月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
「忠臣蔵」の舞台の一つである兵庫県赤穂市で開催された「赤穂義士祭」の様子 Photo:JIJI

 赤穂浪士が吉良上野介邸へ討ち入りしたのは、314年前の1702(元禄15)年12月14日だった。

 そのきっかけとなった江戸城松の廊下での刃傷事件の原因について、『花の忠臣蔵』(野口武彦著)がインフレの観点から非常に興味深い指摘をしている。現代の金融政策、財政政策にとって示唆に富む描写が多々含まれているため、以下、同書から引用してみよう。

 赤穂藩主である浅野内匠頭は、1701年に幕府の「勅使御馳走役」に任命される。これは朝廷から来る公家を幕府がもてなす際の接待責任者である。同役は接待関連費用を自分の藩で負担し、かつ朝廷の儀礼に詳しい「高家肝煎」に助言を仰ぐため、彼に高価な進物を贈らなければならなかった。

 このときの高家肝煎が吉良だ。通説では、貪欲な吉良への進物が不十分だったために浅野はいじめられたといわれる。しかし、それとは別に接待費用の予算をめぐる浅野と吉良の対立も影響した。

 浅野が5年前の御馳走役の会計簿を借りて見たところ、支出は1200両だった。18年前にも浅野は同じ役を務めたことがあるが、当時の支出は450~460両だった。藩の負担を減らしたい浅野は700両でやりたいと提案したが、吉良は少な過ぎると反対。実は、2人の間には物価水準に関する認識に大きなギャップが存在したのだ。

次のページ>> 実直なお殿さまの悲劇
1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧