ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

マイナス金利適用、12月から3カ月間は10兆円台=日銀

2016年12月9日

[東京 9日 ロイター] - 日銀は9日、日銀当座預金残高のうちゼロ%の金利を適用するマクロ加算残高を算出するための基準比率について、12月から来年2月の3カ月の積み期間は13.0%とすると発表した。これにより、同積み期間の当座預金残高のうち、マイナス金利が適用されるのは10兆円台になる見込み、という。

日銀は金融機関の収益への悪影響を抑えるため、当座預金が膨らんでもマイナス金利の適用額が大きく増えないように、基準比率を3カ月おきに見直している。来年3月から5月の基準比率は3月9日に公表する予定。

(伊藤純夫)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧