アラブ 2016年12月13日

教えて! 尚子先生
イスラム教徒は日本の神道などの多神教を理解できるのですか?【中東・イスラム初級講座・第37回】

イスラム教やキリスト教、ユダヤ教などの一神教と、日本の神道などの多神教。互いに理解しあうことは可能なのでしょうか。日本では珍しい女性の中東研究家として活躍する岩永尚子先生が、ご自身のアメリカ留学体験をもとに解説します。

 イスラム教の創始者であるムハンマドが布教を開始する以前は、中東のおもな宗教は多神教であったといわれています。そのため、現在のイスラム教の聖地であるカーバ神殿にも、かつては多神教の神々の聖像が多数祭られていたそうです。

 ですが、イスラム教では偶像崇拝は忌むべきものとされ、1日5回とされる礼拝は「神は偉大である。アッラー以外に神はない」という言葉で始められます。このイスラム教の布教によって、こうした多神教の神々の聖像は破壊されたといわれています。

 では、そんなイスラム教徒が多神教、神道や仏教などを理解できるのかという問題ですが、おそらく一般のイスラム教徒には理解できないと思います。多神教はよくないものとされているため、考えるにおよばないというか、想像すらしないし、想像もできないという感じではないでしょうか。

 また、理解できないのはイスラム教徒だけでなく、おそらく一神教とよばれるキリスト教徒やユダヤ教徒でも、多神教や神道、おそらく仏教も、よほど興味を持っていない限り、理解の範疇を超えていると思われます。

 なぜそう思うのかというと、実は20年以上前に留学先のアメリカで、キリスト教徒、ユダヤ教徒、イスラム教徒のクラスメートを前に、タイからの留学生と一緒にこの問題についての説明を試み、みごとに理解をえられず失敗した経験があるためです(もともとは違う意図からの質問でしたが)。

 私自身、お米にまで神様が宿るといわれて育ったものの、神道や仏教を深く学んだわけではありませんので、せいぜい世界史で学んだ程度の知識しか持ち合わせていませんでしたから、他の宗教の人たちの前で説明を試みることすらおこがましく、失敗して当然でした。もちろん、私自身の説明のまずさと英語の稚拙さが手伝っていることも否めませんが。

ハロウィーヤート(お菓子)売り/アンマン, ヨルダン【撮影/安田匡範】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。