ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

金融市場、見通し急変で今後激しい調整に直面=BIS

2016年12月12日

[ロンドン 11日 ロイター] - 国際決済銀行(BIS)は11日、金融市場は11月の米大統領選後の債券利回りの上昇や見通しの急変に驚くほど強い耐性を示しているが、先行き不透明感が非常に大きく、今後の調整は激しいものになるとの見解を示した。

米大統領選や英国民投票での欧州連合(EU)離脱派の勝利の後に金融市場が見せた弾力性は喜ばしいが、投資家は極度のボラティリティの高まりや10月にポンド相場で発生したような「フラッシュクラッシュ(相場の急落)に備えるべきだ」と警告した。

BISのクラウディオ・ボリオ金融経済局長は「こうした異常な価格変動の原因はまだ完全には解明されていない。しかしこうした動きが市場内部にとどまり、市場の機能や金融機関の健全性を脅かさない限り、大きな懸念の原因ではなく、われわれの方がこれに慣れなければなれないのかもしれない」と指摘。市場は中央銀行への依存を脱し、自ら進んで見通しを立てたかのようであり、これは市場に「パラダイムシフト」が起きた可能性を示唆していると分析した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧