投資信託おすすめ比較[2017]
2016年12月15日公開(2017年1月25日更新)
バックナンバー

「投資信託おすすめ比較[2017]」

著者・コラム紹介

投資信託おすすめ比較[2017]

投資信託のおすすめ比較ランキングや、人気の投資信託の最新情報を大公開! 投資信託の基準価額、分配金、利回りなどの最新ランキング・情報をいち早く紹介!

ザイ・オンライン編集部

底堅い「公共株投信」と注目の「ラップ型投信」、
長期で大幅な値上がり益を期待できるか?
中長期での運用が目的なら実績のある投信に分散を!

ダイヤモンド・ザイ1月号では、ザイ読者10人の保有する投資信託が「いい投資信託」なのか「悪い投資信託」なのか、プロに診断してもらう特集『行列ができる投信診断室』を掲載。診断してくれたのは、長年投資信託に携わってきた経験を活かし、投資信託を評価するデータベース「ファンド・ラボ」を開発した「投信の窓口」ファンド・リサーチセンター長の植村佳延さん。今回は、「自分の保有投信の成績が、指数に負け続けていることが悩み」という読者への診断を抜粋して紹介しよう!

★保有投資信託に不安を感じる読者・宮下さん
宮下憲一さん仮名・熊本県・37歳
長期での大幅増を目指して、高配当利回りな「公益株(電力・ガスなどの公共サービスを提供する企業の株)」を組み入れたファンドと、最近人気の「ラップ型」投信で運用。


★宮下さんが保有する投資信託
◎「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月)
◎「三菱UFJバランス・イノベーション株式重視型」(愛称:「ファーストラップ(ささえ)」)

宮下さんの保有銘柄の診断結果(1)
⇒「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月)」
(保有額の56%)

 「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月)」は、先進国の高配当株に投資する毎月分配型で、純資産も6000億円台。先進国株式の指数を下回る成績なのは、配当利回り狙いの電力やガスなどの公益セクターに約70%投資しているからです。

 この投信は基準価額の底堅さを期待している人向けで、中長期の値上がり益を期待する人には不向きでしょう。投資する業種が限定的で、しかも、先進国の高配当株型の中でも成績は下位です。

 加えて、投信の利子・配当収入の利回りが2.8%にすぎないのに対して、基準価額に対する1年間の分配金の割合は15.6%と高く、2ケタの値上がり益がなければ分配水準を維持できない状況です。今後も今の分配金を出し続けると、基準価額の下落が続くことになるでしょう。

 30代の宮下さんが中長期で大きな値上がりを狙うのであれば、配当を狙う公益株中心の毎月分配型に投資するのは疑問です。むしろ、長期で好成績の実績がある成長株型を選ぶべきだと思います。

宮下さんの保有銘柄の診断結果(2)
「ファーストラップ(ささえ)」(保有額の44%)

 「ファーストラップ(ささえ)」の正式名は「三菱UFJバランス・イノベーション株式重視型」。愛称に「ラップ」という名前がついているとおり、資産配分を市況に応じて変動させる柔軟な運用が特徴で、2015年秋には株式の組み入れをゼロにするなど、大きく配分を変更させています。

(※ラップ型投信の解説はこちら⇒今個人投資家に大人気のラップ型投資信託は本当に買っていいのか、悪いのか!?

 「ファーストラップ(ささえ)」の過去1年の成績は、同タイプ内で121本中42位とまあまあの順位です。まだ実績が短く、5年経過時点での実績で見極めるのもあり。今後、大きな下落相場で適切な配分変更が可能かに注目です。

ポートフォリオの診断結果は…
中長期での値上がり益を狙うなら
実績のある投信を選んで分散を!

 保有銘柄の1本は配当を狙う公益株型で、1本はまだ実績の短いラップ型投信。公益株型はそもそも大きな値上がりを狙うものではないうえ、分配金の払い過ぎにも注意が必要です。

 また、資産が急増しているラップ型投信も、まだ実績がなく、実力は未知数。一部の資産で試すのはありですが、長期で資産を増やすには今はまだ適しません。長期で好成績の実績がある投信に資産を分散させるのが王道なのです。

さまざまな投信に関するお悩みをズバリ診断!
ダイヤモンド・ザイ1月号の「投信診断室」をチェック

 今回は「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月)」と「ファーストラップ(ささえ)」で運用している宮下さんの例を紹介した。ダイヤモンド・ザイ1月号の「行列ができる投信診断室」特集では、宮下さんを含め、10人の悩める投資信託保有者の診断を紹介している。話題の投資信託20銘柄以上を診断しているので、投資信託の運用に悩んでいる人、これからの投資対象を見つけたい人は、是非チェックしてみてほしい。

『めちゃくちゃ売れてるマネー誌ザイと投信の窓口が作った投資信託のワナ50&真実』(ダイヤモンド社刊)

 また、現在今回診断をしてくださった「投信の窓口」ファンド・リサーチセンター長の植村佳延さんが解説する『めちゃくちゃ売れてるマネー誌ザイと投資信託の窓口が作った投資信託のワナ50&真実50』も発売中!全国の書店やアマゾン楽天ブックスなどで、ぜひチェックを!

【関連記事】
■インデックス投資で運用利益1000万円オーバー! 資産配分からポートフォリオ、積立方法まで、個人投資家・吊られた男さんの手法のすべてを公開!>>

■資産運用のキモは積立+株価暴落時のスポット買い! リーマン・ショック後の大量買いで資産を増やしたインデックス投資家・虫とり小僧さんの手法を公開!>>

【2017年3月1日時点】
◆【証券会社比較】投資信託取り扱い数 最新ランキング

順位 投資信託本数 最低積立金額
全体 ノーロード
(手数料無料)
積立対応
1位 ◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
2415本 1080本 2300本 500円
【特徴・メリット】
投資信託本数の取扱本数は、ネット証券ではトップ。SBI証券の投資信託でもっとも大きなメリットは、対象投資信託の月間平均保有額に応じてSBIポイントが貯まる「投信マイレージサービス」があること。保有額が1000万円以上なら獲得ポイントが2倍になるので、投資信託が本格的に資産形成を考えている人には、かなりお得だ。また、銘柄検索ツール「パワーサーチ」やファンド選びをサポートするツール「SBI‐ファンドロボ」などの機能も充実。最近では、低コストな個人型確定拠出年金にも力を入れている。ただ今、新規口座開設キャンペーン中。2017年3月31日までに口座開設を申し込み、4月28日までに投資信託(ノーロード以外)を30万円以上買い付けると、金額に応じて最大で現金1万5000円をプレゼント!
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・SBI証券の公式サイトはこちら
2位 ◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
2375 1105 2257 1000円
【特徴・メリット】
投資信託の保有残高10万円ごとに「楽天スーパーポイント」が4ポイント貯まるポイントサービスは大きなメリット。積立なら、保有残高が増えるほど多くのポイントがもらえるようになる。投資信託の最新事情がわかる「楽天証券レポート&コラム」や、最大5銘柄の基準価額の推移を比較できる「投信スーパーサーチ」など、投資信託選びのサポートもバッチリ。2016年7月からは、ロボ・アドバイザーが銘柄選択や売買タイミングまで判断してくれる新サービス「楽ラップ」を開始。手数料は業界最安水準で10万円からはじめられるので、投信初心者でも利用しやすい。その他、対面型ラップサービス「楽天IFAラップ」も行っている。個人型確定拠出年金の取り扱いもあり。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング!SBI証券の公式サイトはこちら
3位 ◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
1035本 582本 960本 500円
【特徴・メリット】
投資信託の本数増加により、3位にランクアップ。手数料無料のノーロード投信が多いのもメリット。「プレミアム積立」は500円から可能で、スマホ・タブレットからも手続きができる。ロボットによる投資信託のポートフォリオシミュレーションサービスアプリ「FUND ME™」(Androidアプリ、iPhoneアプリ)リリース。積立の銘柄選びに役立つのが「セレクション」。ジャンルごとの代表的な銘柄が複数紹介されている。ファンド探しはランキングやファンド検索から。月間保有金額100万円で1ポイントがもらえる「毎月ポイント」は、100ポイントで1万円の現金プレゼント。保有額が3000万円以上ならポイントが2倍になる。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
順位 投資信託本数 最低積立金額
全体 ノーロード 積立対応
4位 ◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
969本 372本 821本 1000円
【特徴・メリット】
ファンド探しは、「ファンド検索」に加え、3つの質問に答えるだけ探す方法もある。ファンド選びに迷ったらマネックス証券おすすめ「セレクトファンド」あり。ポートフォリオの分析・リターン予測・アドバイスなどの機能がある「MONEX VISION β」が便利だ。2016年9月から1万円から始められる個人投資家向けロボ・アドバイザーサービス「MSV LIFE」開始。投資信託購入時の申込手数料の1.5%分がマネックスポイント(1ポイント=5円相当)でプレゼントされる。また、月中平均残高の0.08%分の1/12が月ごとにポイントでプレゼントされる。航空会社のマイルやSuica、ショッピングなどのポイントと交換可能。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・マネックス証券の公式サイトはこちら
5位 ◆SMBC日興証券⇒詳細情報ページへ
900本 304本 576本 1000円
【特徴・メリット】
上記の投資信託本数はネット取引「ダイレクトコース」の取扱商品。「投信つみたてプラン」では、買付最低金額が1000円から。初回引落特典としてNTTドコモのdポイント500pt、また、引き落とし毎に3ptがもらえる。三井住友銀行と連携する「バンク&トレード」利用で毎月10万円まで申込手数料が無料に。投資信託選びは通常の「ファンド検索」と、質問に答えてファンドを探す「投資信託ナビゲーション」がサポート。分配金額を含めた損益を把握するには「投資信託等に係るトータルリターン通知制度」が便利だ。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・SMBC日興証券の公式サイトはこちら
 ※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。
Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! その
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

隠れ割安株ベスト66
人気株500激辛診断
長期優遇の優待株34

5月号3月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【まだ買える!トランプ相場の上昇株ベスト18】
円安メリット株想定ドル円レート一覧
・長期で狙う!連続増収増益株ランキング
・長期で狙う!連続増配株ランキング
・売り・買いをズバリ!人気株500診断
・買いの10万円株高配当株優待株21
失敗しない投資の鉄則7カ条
・元本保証のネット定期&個人向け国債
・不透明な世界に備える金への投資
・積み立てがベスト!増やす株式型投信
・利回りを欲張らない!健全分配型投信
長期優遇あり株主優待株ベスト34
上場全3629銘柄最新理論株価
最高3%退職金専用定期利回り比較
別冊付録・相続&贈与などの節税ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!