ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

トルコ与党、憲法改正案を提出 大統領の権限強化へ

2016年12月12日

[アンカラ 10日 ロイター] - トルコの与党・公正発展党(AKP)は10日、大統領の権限拡大を目的とした憲法改正法案を国会に提出したと明らかにした。これにより、エルドアン大統領の任期が2029年まで延長される見通し。

エルドアン氏と支持者らは米国やフランスの大統領制のような強力なリーダーシップが必要だと訴え、これまで国の成長を妨げた不安定な連立政府を避けるためだと主張している。

AKPは来年5月までに国民投票を実施し、極右の民族主義者行動党(MHP)からの支持を得て、賛成多数に勝ち取りたい考え。

憲法改正を国民投票にかけるには、議会(定数550)で330票以上の賛成が必要。AKPの議席数は316、MHPは39。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧