ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドルは115円前半、利益確定や調整の売りに押される

2016年12月12日

[東京 12日 ロイター] - 正午のドル/円は、前週末ニューヨーク市場午後5時時点と比べ、わずかにドル安/円高の115.27/29円だった。

朝方のドルは115.30─40円台で推移していたが、仲値に向けて上昇し一時115.62円まで強含んだ。原油先物価格、日経平均株価、米金利がそれぞれ上昇。「仲値を期待したドル買いも入ったかもしれない」(国内金融機関)との声が出ていた。

テクニカル的に、2015年高値125.86円と2016年安値99.00円の61.8%戻しである115.60円レベルが上値めどとして意識されており、同水準に頭を抑えられた格好。正午にかけて利益確定や調整のドル売りに押され、115.20円まで下げた。

ドル高の流れのなか、ユーロ/ドルは一時1.0525ドルまで下落し、12月5日以来1週間ぶりの安値をつけた。その後は正午にかけて1.05ドル半ばまで持ち直している。

石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国が10日に行った会合で、協調減産に合意したことを受け、午前は米WTI原油先物が一時1バレル=54.51ドルと、2015年7月以来の高値圏に上昇した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧