ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

モンテ・パスキめぐる決定、先送り不要=ECB理事

2016年12月12日

[ウィーン 12日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのノボトニー・オーストリア中銀総裁は12日、イタリアの大手銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ)について、救済方法の決定を先送りする必要はないとの見解を示し、資本増強の期限延長要請をECBが拒否したことを認めた。

総裁は記者会見で「物事をあまり長く先送りするのは好ましくないという感覚が全体としてある」と述べた。

その上で、期限までに資本増強を完了できなかった場合、法律上の選択肢を検討し、モンテ・パスキの規模を踏まえ慎重に手続きを進めなければならないとした。

モンテ・パスキの救済をめぐり、イタリア政府は市場での解決を望んでいるが、経済財務省筋は12日、市場での資本調達が仮に失敗すれば政府が予防的措置として資本注入を行うと言明した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧