ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

日本のバッテリー3社に制裁金、価格カルテル関与の疑い=EU

2016年12月13日

[ブリュッセル 12日 ロイター] - 欧州連合(EU)の欧州委員会は12日、2004年から07年に価格カルテルに関与したとして、日本の充電式リチウムイオンバッテリーメーカー3社に、1億6600万ユーロ(1億7620万ドル)の制裁金を科したと明らかにした。

制裁金額は、ソニー<6758.T>が2980万ユーロ、パナソニック<6752.T>は3890万ユーロ、三洋電機[MATEIH.UL]が9710万ユーロ。

サムスンSDI<006400.KS>の関与も指摘したが、欧州委に通報したとして制裁金支払いを免れた。

欧州委によると、すべての企業がカルテル関与を認め、和解に同意した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧