ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ギリシャ、一段の緊縮財政は誤り 新たな福祉制度必要=IMF幹部

2016年12月13日

[ブリュッセル 12日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のトムセン欧州局長らはギリシャに一段の緊縮財政措置を要請することに反対する立場を示し、同国は逆に、税制改革と年金制度改革から得られた資金を利用して現代に即した福祉制度を導入する必要があるとの考えを示した。

IMFのトムセン欧州局長とオブストフェルド首席エコノミストは共同執筆した論文で、ユーロ圏はギリシャに対し2018年の基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字を国内総生産(GDP)に対する比率で3.5%とするよう要請しているが、これは誤りだとし、同比率は1.5%で十分だと指摘。ユーロ圏の要請は「緊縮財政政策を招き、これにより黎明期にある成長が根付くことが妨げられるのではないかと懸念している」とした。

そのうえで「ギリシャは多大な努力の結果、基礎的財政黒字比率の3.5%の達成に必要な歳出削減に成功するかもしれない。ただ過去の経験からこうしたことは持続可能ではなく、ギリシャが掲げる野心的な長期的な成長目標の達成と相容れるものではない」とした。

また、ギリシャ政府は公的サービスや保健医療などへの支出を切り詰めるのではなく、所得税制度と年金制度の改革を実施する必要があると指摘。

所得税に関しては、ギリシャでは家計の半数以上が支払いを免除されているのに対し、他のユーロ加盟国では支払いを免除されている家計の比率は平均で8%。また、ギリシャでは毎年GDPの11%を年金に支出しているのに対し、他のユーロ加盟国の同比率は2.25%となっている。

一方、ギリシャでは失業保険支給制度が整備されておらず、企業による人員削減を可能にするための労働法の改正を政府がためらう理由となっている。

論文で両氏は「政府は、解雇された労働者を支援するのではなく、企業の人員削減を制限している」と指摘。「年金の支給は適切なセーフティーネット(安全網)の代替にはならない」とし、所得税ベースの拡大のほか年金制度の変革を通して成長支援に向けた支出拡大や減税などの原資を確保することができるとの見方を示した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧