ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

トランプ次期米大統領、ビジネス引退に関する発表を1月に延期

2016年12月13日

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 米国のトランプ次期大統領は自身の事業の経営から退く計画に関する発表を来年1月に延期した。広報担当者が12日明らかにした。

トランプ氏は先月、不動産を中心に世界で展開する自身の事業の経営から完全に身を引く考えを示し、12月15日の記者会見で具体的に説明するとしていた。

同担当者は「会見は1月になる」と述べたが、延期の理由は説明しなかった。

トランプ氏は大統領選に勝利して以降、一度も記者会見を開いていない。

トランプ氏の事業にはホテル・ゴルフリゾートの運営やワイナリー、モデル事務所経営などが含まれる。

法律専門家らは、トランプ氏が利益相反を完全に回避する唯一の方法はこれらの事業を売却することだと指摘している。

トランプ氏は12日夜、自身の事業についてツイッターで「息子のドンとエリック、そして幹部らが経営を手掛ける」とし、「大統領任期中に新たな取引は行わない」と表明した。

トランプ氏は、娘のイバンカさんの役割については言及しなかった。またビジネスや閣僚人事などについて「近い将来」、記者会見を開くとした。

*内容を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧