ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米ヒューストン発ルフトハンザ機、爆弾の脅迫で航路変更

2016年12月13日

[サンフランシスコ/フランクフルト 13日 ロイター] - 米ヒューストン発、独フランクフルト行きのルフトハンザ<LHAG.DE>441便が12日、爆弾の脅迫を受けてニューヨークへ航路を変更した。当局者が明らかにした。

ニューヨークとニュージャージーを管轄する港湾当局の報道官によると、同機はジョン・F・ケネディ国際空港に無事着陸し、空港の周辺へ誘導された。同空港の運航に影響は出ていない。

ルフトハンザの広報担当者が13日に明らかにしたところによれば、乗客全員が降機し、当局が機内を調査している。広報担当者は爆弾の脅迫があったどうか肯定も否定もせず、十分な情報を得ていないと述べるにとどめた。

*カテゴリーと内容を追加します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧