ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

長期金利想定、過去最低に 17年度予算1.1%で調整=政府筋

2016年12月13日

[東京 13日 ロイター] - 政府は、2017年度予算案で、国債利払い費の前提となる積算金利を1.1%とする方向で調整に入った。日銀が長期金利をゼロ%に誘導する新たな政策を導入したことを踏まえ、16年度の1.6%から0.5%ポイント引き下げ、過去最低の水準にとどめる方針だ。

複数の政府筋が明らかにした。長期金利の想定を引き下げるのは2年連続で、予算の4分の1を占める国債費の抑制要因となりそうだ。

政府は、積算金利を設定する際、過去数年間の平均利回りに金利急騰時の備えとして1%程度を上乗せするケースが多い。17年度予算では、日銀が長期金利の操作目標を導入したことも参考に、大幅な金利引き下げに踏み切る。

今年8月時点では、想定金利を16年度当初予算と同じ1.6%に据え置き、17年度予算の国債費として24兆6174億円を要求していた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧