ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

来年の米利上げは2回、FOMC声明控え市場予想

2016年12月14日

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 米連邦公開市場委員会(FOMC)声明の公表を翌日に控え、米短期金利先物相場は小動き。市場は米連邦準備理事会(FRB)が2017年に2度の利上げを実施すると見込んでいる。

CMEグループのフェドウオッチによると、フェデラルファンド(FF)金利先物は、13─14日のFOMCでFRBが25ベーシスポイント(bp)の利上げを実施する可能性を95%の確率で織り込んでいる<FFZ6>。

2016年12月限と2017年12月限のFF金利契約の価格差は13日序盤時点で50ベーシスポイント(bp)と、2度の25bp利上げに匹敵する水準。11月8日の米大統領選前は28.5bpだった。

CMEグループのフェドウオッチによると、市場は2017年末時点でFF金利が1.0─1.25%に引き上げられる可能性を24%の確率で織り込んでいる<FFZ7>。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧