ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米軍オスプレイが沖縄本島沖に不時着、2人けが

2016年12月14日

[東京 14日 ロイター] - 米軍嘉手納基地から海上保安庁に入った連絡によると、米海兵隊の新型輸送機オスプレイが13日夜、沖縄本島の東沖に不時着した。

米軍が乗員5人を救助。うち2人はけがをしているという。けがの程度は不明。海上保安庁は巡視船2隻を現場に派遣した。これ以上の被害は報告されていないという。

防衛省は稲田朋美防衛相ら幹部が登庁し、情報収集に当たっている。

垂直離着陸型の輸送機オスプレイは、2012年に米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)に配備。現在、日本国内では24機が運用されている。開発段階で事故が起き、沖縄県では配備に反対する声が広がった。

(久保信博※)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧