ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米国株式市場は主要指数が最高値更新、ダウ2万ドルの大台に迫る

2016年12月14日

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 13日の米国株式市場は、主要3指数がいずれも過去最高値を更新した。米大統領選後の騰勢が続く中、ダウ工業株30種は節目となる2万ドルの大台まであと100ドル未満の水準に迫った。

トランプ次期大統領による景気刺激策や減税、規制緩和などへの期待から、ダウ工業株30種は11月8日の大統領選以降、約9%上昇した。

個別銘柄ではアップル<AAPL.O>が1.7%上昇してS&P総合500種とナスダックの両指数の上昇をけん引。IBM<IBM.N>も1.7%値上がりしてダウ工業株30種を押し上げた。

このほかハイテク株ではマイクロソフト<MSFT.O>が1.3%高、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は1.9%高となった。

医療データの分析サービスを手掛けるイノバロン・ホールディングス<INOV.O>は35.4%急落。第4・四半期の売上高見通しが予想を下回ったことを受けて売られた。

セクター別では、S&P総合500種の主要11業種指数のうち9業種が上昇。S&P情報技術株指数<.SPLRCT>は1.2%上昇して相場をけん引した。

ジョーンズ・トレーディングのチーフ市場ストラテジスト、マイケル・オルーク氏は「ラッセル2000指数や金融銘柄以外にも株高の動きが広がっている」と指摘。「強気派なら、ハイテク株が魅力的に映るだろう」と語った。

株式相場の大幅な上昇は、堅調な労働市場を含む強い内容の経済指標や、第3・四半期に減益傾向に歯止めがかかったとみられるS&P総合500種構成企業の業績にも支えられている。

USバンク・ウェルス・マネジメントのチーフ株式ストラテジスト、テリー・サンドベン氏は「投資家は、トランプ次期大統領と共和党が過半数を占める連邦議会が成長を促進する政策を実行するとの見通しに勇気づけられている。しかも住宅市場が安定した状態にとどまり、賃金が上昇し続けるなか、インフレは緩やかに上昇している」と話した。

投資家はまた、13日に始まった連邦公開市場委員会(FOMC)にも注目している。連邦準備理事会(FRB)は金融危機以降2回目となる利上げに踏み切るとの見方が広がっている。

市場はFRBが25ベーシスポイント(bp)の利上げに踏み切ることを織り込んでいるが、投資家はFOMCの声明や経済見通しから、大統領選でのトランプ氏の勝利が成長とインフレ見通しにどのような影響を及ぼしたかを検証する構えだ。

一方、最近の大幅上昇を受けて株式のバリュエーションには懸念がくすぶっている。スターマインのデータによると、S&P総合500種企業の1年後の業績予想に基づく株価収益率(PER)は約17.7倍で、過去10年間の中央値である14.7倍を上回っている。

サンドベン氏は「現時点でバリュエーションは高水準にあり、利益が伸び続けなければ足元の株価上昇ペースは持続可能でなくなることは分かっている」と話した。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所では上げ銘柄が下げ銘柄を上回り、比率は1.46対1だった。ナスダックも1.26対1で上げ銘柄が下げ銘柄を上回った。米取引所の合算出来高は約74億株で、直近20営業日の平均とほぼ同じ水準だった。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 19911.21 +114.78 +0.58 19852.21 19953.75 19846.45 <.DJI>

前営業日終値 19796.43

ナスダック総合 5463.83 +51.29 +0.95 5433.57 5486.75 5430.72 <.IXIC>

前営業日終値 5412.54

S&P総合500種 2271.72 +14.76 +0.65 2263.32 2277.53 2263.32 <.SPX>

前営業日終値 2256.96

ダウ輸送株20種 9345.85 +23.21 +0.25 <.DJT>

ダウ公共株15種 659.06 +6.99 +1.07 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 895.55 +10.09 +1.14 <.SOX>

VIX指数 12.72 +0.08 +0.63 <.VIX>

S&P一般消費財 667.86 +5.48 +0.83 <.SPLRCD>

S&P素材 320.01 -0.72 -0.22 <.SPLRCM>

S&P工業 547.58 -0.73 -0.13 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 536.35 +2.29 +0.43 <.SPLRCS>

S&P金融 390.47 +0.82 +0.21 <.SPSY>

S&P不動産 191.46 +0.42 +0.22 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 569.85 +7.12 +1.27 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 803.09 +5.34 +0.67 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 172.94 +1.53 +0.89 <.SPLRCL>

S&P情報技術 820.98 +9.98 +1.23 <.SPLRCT>

S&P公益事業 246.76 +2.55 +1.04 <.SPLRCU>

NYSE出来高 9.13億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物3月限 ドル建て 19340 + 140 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物3月限 円建て 19275 + 75 大阪比 <0#NIY:>

*内容を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧