ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米IBM、国内での雇用実施を強調 トランプ氏との会談控え

2016年12月14日

[13日 ロイター] - 米IBM<IBM.N>のロメッティ最高経営責任者(CEO)は、13日付の米紙USAトゥデーに掲載された論説で、米国で従業員の雇用と研修を実施する方針を強調した。

ロメッティ氏は14日、他のIT大手の幹部らとともにトランプ次期米大統領と会談する予定。

ロメッティ氏は「今後4年間に約2万5000人を米国で雇用する方針だ」とした。また、向こう4年間に米国の従業員の研修と人材開発に10億ドルを投じると表明した。

IBMの広報担当者は米国の従業員数などは明らかにしなかったが、「2016年末時点の米国の従業員数は年初とほぼ同水準となる見通しだ」と説明。「2020年までに現在より増加すると見込んでいる」と述べた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧