ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

超長期国債の買入増、急激な金利上昇や変動を懸念=日銀幹部

2016年12月14日

[東京 14日 ロイター] - 日銀幹部は14日、午前に通告した国債買い入れオペで超長期ゾーンの買い入れ額を増額した理由について「最近の超長期ゾーンの急激な金利上昇や市場におけるさらなる金利変動への懸念を勘案し、金融市場調節方針と整合的なイールドカーブの形成を促すため」と語った。

また、日銀は残存10年超の国債買い入れについて、次回は16日に通告すると発表した。

日銀は午前10時10分、「残存1年超3年以下」(買入予定額4000億円)、「残存3年超5年以下」(同4200億円)、「残存5年超10年以下」(同4100億円)、「残存10年超25年以下」(同2000億円)、「残存25年超」(同1200億円)の5本の国債買い入れオペを通告。このうち超長期ゾーンの国債買い入れ額を前回からそれぞれ100億円ずつ増額した。

(伊藤純夫)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧