ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ブレグジットによる米企業移転、米英貿易関係の危機に=調査

2016年12月14日

[ロンドン 14日 ロイター] - 法律事務所Gowling WLGの調査によると、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)に当たり、米企業の約40%が英国支社のEU移転を検討している。また、離脱決定を受けて投資の選択に影響があったと回答した企業も3分の2に上った。

移転を検討しているのは食品・飲料、ライフサイエンス、金融サービスといった米企業に多く、逆に航空宇宙関連企業は最も少なかった。

また、回答した533企業のほぼすべてが移転に際して第三者の支援が必要になるとしている。

同法律事務所の担当者は「過去50年にわたりじっくり育まれてきた米英の堅固な貿易関係が深刻な危機にある」と指摘。ブレグジットが投資決定に影響するとの懸念は、この問題への対処が直ちに必要で先送りできないことを意味しているとの考えを示した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧