ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米側から当面オスプレイの運用停止と連絡=菅官房長官

2016年12月14日

[東京 14日 ロイター] - 菅義偉官房長官は14日午前の会見で、米軍普天間基地所属のオスプレイ1機が13日夜に沖縄県名護市沖に不時着した事に関して、米側からオスプレイの運用を当面停止するとの連絡があったことを明らかにした。

菅官房長官はオスプレイの事故に関して「極めて遺憾だ」としたうえで、米側に対し、事故原因の究明と日本側への情報提供、安全が確認されるまでのオスプレイの飛行停止を求めたと語った。さらに、事故が墜落だったかどうかについては「パイロットの意思で着水したと報告を受けている」と説明。日本としては「原因が究明されたら、対応策をどうするかもしっかり求めていくことが大事だ」との考えを示した。

(石田仁志)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧