ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

原油先物1%超下落、供給過剰に懸念再燃

2016年12月15日

[ニューヨーク 14日 ロイター] - 原油供給過剰への懸念が再燃するなか、14日の原油先物相場は1%超下落している。

米東部時間中盤の取引で、北海ブレント先物<LCOc1>が約1.7%安の1バレル=54.76ドル前後、米WTI先物<CLc1>は約1.9%安の同51.96ドル付近で推移。

米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)の週間在庫統計でクラホマ州クッシングの原油在庫が増加したことを材料視した。

ほかに、石油輸出国機構(OPEC)が月報で、加盟国と非加盟国が減産合意を実行しなければ、2017年は石油の供給過剰が膨らむと指摘。ロシアのノバク・エネルギー相はこの日、減産達成に向けた調整は石油各社が「自発的」に行うとの認識を示したとも伝わった。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧