ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

カタルーニャ独立めぐる住民投票決議、憲法裁が一時停止処分

2016年12月15日

[マドリード 14日 ロイター] - スペイン北東部カタルーニャ自治州の議会が10月に採択した、州の分離独立に向けた来年9月の住民投票実施に関する決議について、同国の憲法裁判所は14日、決議を一時停止処分とする判断を示した。

停止期間は5カ月間で、その後停止処分を恒久化するか解除するかを判断する。

裁判所はまた、プチデモン州首相とフォルカデイ州議会議長に対し、決定に従わない場合は刑事罰に問われると警告した。裁判所は8月にも州議会が採択した同様の決議をめぐり一時停止処分を下している。

カタルーニャ州の独立をめぐっては、7月時点での調査で住民の約48%が支持しているものの、数年前と比較して支持率は低下している。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧