ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドル116円後半、FOMC受け10カ月ぶり高値=NY市場

2016年12月15日

[ニューヨーク 14日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、追加利上げなどを決めた連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を受け、ドル高・円安が進み、ドル/円<JPY=>は一時、約1.3%高の116.71円に上昇し、2月8日以来10カ月ぶりの高値をつけた。ドルは他の主要通貨に対しても上昇した。

連邦準備理事会(FRB)はこの日のFOMCで、フェデラル・ファンド(FF)金利の0.25%引き上げを決定。さらに、2017年の利上げペースに関して0.25%の金利引き上げを3回見込み、9月時に見込んだ2回から上方修正した。

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチの為替ストラテジスト、イアン・ゴードン氏は「来年の利上げ回数が2回から3回に引き上げられたことが、ドル上昇の背景だ。市場では回数が増えることは織り込んでいなかった」と指摘。一方で、FRBの声明が経済見通しに対するリスクはおおむね均衡していると指摘していることなどを挙げ「全体としての声明のトーンはやや慎重だ」とも付け加えた。

ユーロ/ドル<EUR=>は終盤、約0.9%安の1.0534ドルとなった。FOMCの結果が発表になる前には、ドルに対し買われて6日ぶりの高値となる1.0669ドルまで上昇する場面もあった。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は一時、約3週間ぶりの高値水準となる101.960をつけた。終盤は0.8%高の101.86だった。

ポンド/ドル<GBP=D4>は0.5%安の1.2588ドル。

ドル/円 NY終値 117.03/117.06

始値 114.92

高値 117.38

安値 114.77

ユーロ/ドル NY終値 1.0535/1.0538

始値 1.0647

高値 1.0669

安値 1.0497

*本文2段落目の表現を修正しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧