ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

イタリア、銀行の数多すぎる 公的支援は可能=ECB理事

2016年12月15日

[フランクフルト 14日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のプラート専務理事は14日、イタリアの銀行について、欧州連合(EU)の規定では公的支援が認められていると発言、イタリアには中小の銀行が多すぎ、市場が飽和しているとの認識を示した。

同専務理事は、独ツァイト紙に「危機のさなかには、ドイツでさえ銀行に公的資金を注入した。イタリアは当時、公的資金を注入しなかった」と発言。

 「私見では、資金をどこから調達するかという問題より、はるかに重要なのは、銀行セクターの整理だ」と発言。「イタリアは銀行の数が多すぎ、十分な収益を上げていない」と述べた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧