ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

豪就業者数、11月は予想上回る増加 フルタイム雇用が堅調

2016年12月15日

[シドニー 15日 ロイター] - 豪連邦統計局が発表した11月の雇用統計によると、就業者数は前月比3万9100人増で、市場予想(2万人増)を上回る伸びとなった。

内訳は、フルタイム就業者数が3万9300人増加し、パートタイム就業者が200人減少した。9月以降のフルタイム就業者数の増加は計8万人となり、1月以降の減少をほぼ打ち消すかたちとなった。

失業率は5.7%。求職活動者が増えたことが背景。市場予想は5.6%だった。

労働参加率は64.6%。市場予想は64.5%だった。

AMPキャピタルの経済部門責任者、シェーン・オリバー氏は「パートタイム雇用と比較して、急にフルタイム雇用の状況が改善しているようにみえる」と述べた。

鉱業投資の落ち込みの影響を特に受けている西オーストラリア州とクイーンズランド州では雇用回復の兆しがみられた。10月までのフルタイム就業者数の減少はこの2州に集中していたが、11月にはクイーンズランド州と西オーストラリア州でフルタイム就業者がそれぞれ2万5300人と1万1100人増加した。

また、10月の就業者数は前月比9800人増から1万5200人増に改定された。

雇用統計の発表を受け、豪ドル売りが一服。米利上げ決定が米ドルを押し上げて豪ドルはオーバーナイトで1%超下げたが、豪雇用統計発表後に持ち直している。

*内容を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧