ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米利上げ、世界経済に悪いことではない=菅官房長官

2016年12月15日

[東京 15日 ロイター] - 菅義偉官房長官は15日午前の会見で、米連邦準備理事会(FRB)が1年ぶりの利上げを決定したことについて、雇用の増加や好調な米経済が背景にあり、日本経済を含む世界経済にとって悪いことではないとの認識を示した。

菅官房長官は米利上げについて「さまざまな状況を踏まえて判断された」としたうえで、米国の金融政策とその影響について「日本としても常に最大限の注意を払って、しっかり対応していきたい」と述べた。

また、「新興国の資金フローもさまざまな経路で世界経済に影響する」と指摘、「(米利上げの)具体的な影響などについては、しっかり注視していくことが大事だと思う」と語った。

(石田仁志)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧