ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

香港ハンセン指数1.7%安、米利上げ決定受け 中国市場も下落

2016年12月15日

[上海 15日 ロイター] - 午前の香港株式市場は他のアジア市場とともに下落している。米連邦準備理事会(FRB)が連邦公開市場委員会(FOMC)で0.25%ポイントの利上げを決定し、来年の利上げペースが速まる可能性を示唆したことが背景。

ハンセン指数<.HSI>は0337GMT時点で、381.29ポイント(1.70%)安の2万2075.33。ハンセン中国企業株指数(H株指数)<.HSCE>は235.89ポイント(2.43%)安の9470.26。

すべてのセクターが下落。不動産株<.HSNP>が下げを主導している。オーバーナイトでの原油安を背景に、エネルギー株<.HSCIE>も2%超下げている。

世界市場の変動へのエクスポージャーがより小さい中国株式市場は下落しているものの、下げ幅はそれほど大きくない。

ただ銀行株<.CSI300BI>は2%超下落している。債券市場の売りが銀行のバランスシートに影響を与えるとの懸念が広がっている。

上海総合指数<.SSEC>は9.2233ポイント(0.29%)安の3131.3075で推移している。上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数<.CSI300>は17.778ポイント(0.53%)安の3361.167。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧