ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

焦点:伊ウニクレディト不良債権策、他行のハードル上げる

2016年12月15日

[ミラノ 13日 ロイター] - イタリアの銀行最大手ウニクレディト<CRDI.MI>が13日発表した思い切った不良債権処理計画によって、体力の劣る他のイタリアの銀行が越えなければならないハードルが上がってしまった。

ウニクレディトは来年130億ユーロ規模の増資を行い、今年第4・四半期の80億ユーロに上る貸出債権償却で生じた資本不足を穴埋めし、不良債権売却につなげる方針だ。

ムスティエ最高経営責任者(CEO)は「われわれはいくつかの大胆な措置を打ち出した。自助こそが常に最も望ましいからだ」と語り、不良債権を2つの投資ビークルに移管してその後徐々に売却していく枠組みに合意したと説明した。

こうした動きを受け、イタリアの同業者にも追随を迫る圧力が増してきている。ロイターが中央銀行のデータに基づいて計算したところでは、イタリアの銀行セクター全体でウニクレディトの引当率の水準をクリアするためには、400億ユーロ規模の償却が必要になる。

イタリアは深刻な景気後退を経て、銀行セクターの不良債権総額が3560億ユーロに膨張。欧州中央銀行(ECB)は各行に早急な処理を促している。

ただ銀行側はこれまで、簿価を下回る時価で不良債権を売却して損失が発生するのを嫌い、バランスシートに塩漬けにしてきた。

ウニクレディトは、不良債権を移管する前に貸し倒れ引当率を総簿価の77%まで上げると説明した。これによって正味簿価額は1ユーロ当たり0.23ユーロになる。一方、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ)<BMPS.MI>はECBの改善要求に応じるために、銀行救済基金アトランテに280億ユーロの債権を1ユーロ当たり0.27ユーロの水準で売却しようとしている。

イタリアの銀行の不良債権に対する平均的な評価水準は簿価の43%だ。

ウニクレディトの最高リスク責任者、マッシミリアノ・フォサッティ氏は、こうした引当率を上げたのは、不良債権の処理を円滑に進めるためで、最近の債権取引の価格水準を考慮したと述べた。

ただモンテ・パスキなど経営基盤がウニクレディトほど強くない銀行は、投資家からの支援をなかなか取り付けられず苦労している。

モンテ・パスキは今月中に50億ユーロの資金調達を目指しているが、結局は政府支援が必要になりそうだ。

ミラノのボッコーニ大学教授で欧州議会に銀行監督の助言をしているアンドレア・レスティ氏は「ウニクレディトの不良債権処理計画は既に分かっていることを改めて教えてくれた。つまり今は買い手市場であり、モンテ・パスキの事例が示すようにECBは助けてくれないということだ」と指摘。ECB内には各行のバランスシートのリスク圧縮に向けた取り組みがうまくいくのかという点では数多くの懸念があるものの、それは残念ながら恐らくセクター全体の不安定化を心配するほど大きなものではないとの見方を示した。

(Valentina Za記者)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧