ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

金相場が約10カ月ぶり安値に下落、米FOMC受け

2016年12月15日

[15日 ロイター] - 15日のアジア市場で金相場が10カ月以上ぶりの安値に下落した。米連邦準備理事会(FRB)が連邦公開市場委員会(FOMC)で1年ぶりの利上げを決定し、来年の利上げ予想を引き上げたことからドルが上昇している。

0301GMT(日本時間午後0時01分)時点で、金現物<XAU=>は0.1%安の1オンス=1143.05ドル。一時1134.71ドルと2月3日以来の安値を付けた。前日には1%超下落していた。

金先物<GCcv1>は1.6%安の1145.20ドル。一時は2月1日以来の安値となる1136.40ドルまで下げていた。

ANZのアナリスト、ダニエル・ハインズ氏は「金相場の見通しはあまりよくない。FRBがタカ派的な姿勢を強めたことは明らかに短期的な逆風だ」と指摘した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧