ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

東レ社長 日覺昭廣
炭素繊維が成長を牽引
20年度売上高3兆円目指す

2011年2月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Toshiaki Usami

──先頃策定した2011~13年度の中期経営課題と、20年度までの長期経営ビジョンの方向性を聞かせてほしい。

 基本的な方向性は、08年のリーマンショックでいったん凍結を余儀なくされた前中期経営課題(06~10年度)と変わらない。1000億円強のコスト削減など、2年間の緊急対策で危機は乗り切った。再び成長路線へ舵を切る。

 ただし、前中期経営課題と違う点が二つある。一つは、「基盤」事業と位置づけていた繊維やプラスチック事業を、「基幹」事業とした点だ。従来これらの事業は、成長は見込めないが安定的な収益を上げる「基盤」事業と見なしていた。だが、中国など新興国市場を見れば明らかなように、繊維やプラスチックなどはまだまだ市場が大きく成長する余地がある。そこで、今後も会社を牽引し拡大していく「基幹」事業として再定義した。設備投資も、情報通信材料分野に次いで大きな投資をしていく。計画の上ブレも期待できるだろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧