ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

焦点:中国借金ブームけん引、ミレ二アル世代が変える金銭感覚

2016年12月15日

Engen Tham and Adam Jourdan

[上海 12日 ロイター] - Ma Yiqingさん(24歳)は、典型的な中国の若者だ。頻繁にクレジットカードを使い、オンライン融資サイトでローンを組んで買い物をする。ピンチに陥ると、ありがたいことに身近な貸し手に頼ることができる。つまり、自分の両親だ。

1人っ子のMaさん、彼の母親、そして祖母にインタビューをすると、借金に対する姿勢がいかに急速に変化しているかが見えてきた。いわゆる「ミレニアル世代」(18歳から35歳に相当)は、かつてないほど、借金に肯定的なのだ。

中国の信用力の基盤を築いたのは、上の世代の倹約志向である。家計貯蓄はGDPの約50%に及び、世界でも最も高い水準に含まれる。

だが、Maさんや同世代の若者たちは、この構図を塗り替えつつある。彼らの前向きな借入意欲は家計向けの貸し出しを押し上げ、中国債務の中で急成長分野となっている。

マニュライフ生命のレポートによれば、彼らの借入比率はアジア諸国の同世代と比較しても高く、所得の18.5倍に相当する。これは親世代の数字を大幅に上回る。

若者世代の積極的な消費・借入意欲は、金融機関やブランド、経済成長にとっては好機だが、急速に拡大する中国債務をさらに加速するという点ではリスクでもある。

今のところMaさんには、息子を溺愛する豊かな両親というセーフティネットがあり、借金の肩代わりが可能だ。彼は現在、チベット自治区のラサにあるベッドルーム1室のアパートに住んでいる。両親が暮らしているのは近隣のシャンナンだ。

 「いつも父と母に頼っている。お金の点ではいつも助けてくれる」と彼は語る。5月にもレストランの開業資金を支援してくれるよう、両親に頼んだという。「頼みさえすれば(お金を)出してくれる」

<明らかな違い>

ミレニアル世代のクレジットカード債務を親が肩代わりすること自体、中国では珍しくない。だがミズーリ大学のルイ・ヤオ准教授(個人金融論)は、それが意外な結果をもたらす可能性があると指摘する。

 「支払わないと何が起こるか、彼らは理解していない。『お母さんが払ってくれるさ』という発想だ」とヤオ准教授は言う。「明らかに、景気後退への心構えができていない」

次世代の子どもたちも、実はそれほど幸運ではないかもしれない。

高齢化する親を支えなければならず、中国の「一人っ子政策」が緩和されるなか、より多くの子どもを養う可能性もある。高齢化の進む中国人口はすでに減少局面にあり、これは就業者が非就業者を支える金銭的負担が重くなることを意味している。

Maさんは、友人たちに比べれば倹約している方だと自身を語る。彼は銀行系のカードを使い、テクノロジー大手企業のアリババ・グループ・ホールディング<BABA.N>の人気支払いサービス「螞蟻花唄(Ant check later)」を利用している。

親世代とは大違いだ。彼の母親は49歳だが、クレジットカードを使い始めたのは、ほんの3年前だ。

 「両親は当座借越ができなかったから、実際のところ、浪費とは無縁だった」と彼は言う。

その差は明らかだ。中国の個人向け融資残高は過去6年間だけで300%近く増加し、10月には約23兆5000億元(約392兆円)に達した。コンサルタント会社のミンテルによれば、この数値は今後5年間で2倍以上増加し53兆元に迫りそうな勢いだという。

BMIリサーチによれば、家計債務のなかで最大のシェアを占めるのは住宅ローンだが、クレジットカード債務と消費者金融の比率も、2015年のわずか4.6%から、現在16%まで増大している。

 「最近の若い世代は、私の世代とは態度がまったく違う」とMaさんの祖母、Wei Chunyinさん(76歳)は語る。1960年代に育った彼女が借金をしたのはだだ1度きり、それもわずか100元(約1600円)だったという。

 「私たちはとても倹約し、勤勉だった」と彼女は言う。「衣服は着られればいい、お菓子もろくになく、職場から支給される食べ物だけ食べていた」と彼女は言う。

<有望な消費世代>

中国の現代史において、比較的豊かで社会も安定している時代に育ったのは、Maさんの世代が最初となる。彼らは上の世代に比べ、教育水準が高く、経済的にも恵まれている。

ボストン・コンサルティング・グループとアリリサーチの予想によれば、この世代が2020年までの消費成長の65%を担い、総消費支出に占める割合も現在の45%から、53%へ高まるという。

 「この世代の考え方を知ることは非常に重要であり、彼らを無視するのはリスク覚悟となる」とヤム・チャイナ・ホールディングス<YUMC.N>を率いるミッキー・パント氏はロイターに語った。

銀行もこの世代のポテンシャルを見過ごしておらず、ローンの対象として特に狙いをつけている。

 「行内の評価が、若い消費者グループを重視するよう工夫されている。たとえば現場の営業担当が若い顧客と成約すると、1.3倍のボーナスを得る」と招商銀行のクレジットカード部門で働く職員は言う。「だから、誰もが若い世代との契約に躍起になっている」 

この戦略について、招商銀行は若い世代向けのクレジットカード商品をたくさん用意していると説明している。

ミレニアル世代には、いざとなれば頼れる子煩悩な親がいることを貸し手側が承知している場合が多い、と銀行関係者は語る。

 「深読みすれば、ポスト90年代の親、つまり1960年代や70年代に生まれた世代は、まだ引退しておらず、金銭的にはかなり安全だと考えられる」。大手都市銀行のクレジットカード部門に勤める債務カウンセラーはそう指摘する。

Maさんの母親と地方気象台に勤める国家公務員の父親は、中国の他の親たちと同様、息子が仮に債務不履行に陥ったとしても、当面は金銭的に支援せざるを得ない。

母親のZhen Yinchunさんによれば、彼女の若い頃は、収入の3分の1程度は貯蓄に回していたという。息子とは対照的に、お金を使う先がなかったからだ。家族のなかで、息子が借りた金を返すかどうかという話は定番の冗談になっている、と彼女は語る。

 「私は『これは貸すのだ』と言い、息子も同意する。しかし、これまでのところ、彼が返済したことは一度もない」

(翻訳:エァクレーレン)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧