ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米加州、PCやモニターに省エネ性能基準を適用 全米初

2016年12月15日

[ロサンゼルス 14日 ロイター] - 米カリフォルニア州エネルギー委員会(CEC)は14日、エネルギー性能に関する規定について、全米で初めてコンピューターとモニターに適用することを決めた。

これらの機器が電力料金に占める割合は家庭向けで3%、商業向けで7%に上る。CECはこの計画が完全に実施された場合、消費者には年間3億7300億ドルの節約になり、少なくともサンフランシスコの全家庭が1年間に使う電力をセーブすることができるという。

CECはこれまで数年にわたり、コンピューターメーカーや消費者団体、米天然資源保護協議会(NRDC)などの環境団体と協力し、ルール作りを進めてきた。

NRDCは、新規制導入により化石燃料を燃やす発電で排出される温室効果ガスを年70万トン削減できるとしている。

同規制は2019年1月にデスクトップパソコンやノートパソコンに、モニターには同年7月に適用される。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧