ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

17年度予算案、新規国債減額へ調整 税収は57兆円台後半=政府筋

2016年12月15日

[東京 15日 ロイター] - 政府は、2017年度一般会計予算案で、新規国債の発行について16年度当初の34.4兆円を下回る水準とする方向で調整に入った。複数の政府筋が明らかにした。財源の柱となる税収は57兆円台後半と想定し、税外収入も積み上げる方針だ。

新規国債の減額は、経済成長と併せた財政再建を掲げる安倍政権の取り組みを継続する姿を示すものだ。

来年度の歳出は、高齢化に伴う医療、介護などの社会保障費や防衛関連の予算が前年を上回ることから、過去最大の97兆円台に乗せる公算が大きい。政府は、予算の3分の1を占める社会保障費の伸びを抑制する方針だが、歳出規模によって新規国債の発行額は前年並みとなる可能性もある。

政府は17年度の名目成長率を2.5%と想定し、一般会計税収について16年度当初の57.6兆円を超える規模とする方向。17年度予算編成では税外収入も積み上げ、財源不足を補う借金減額の流れを強調したい考え。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧