ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米国株式市場は反発、利上げ加速観測で金融株に買い

2016年12月16日

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米国株式市場は反発して引けた。米連邦準備理事会(FRB)の利上げ加速観測を受けた金融株の買いが相場を主導した。

FRBはトランプ次期政権の政策を見据え、来年想定される利上げ回数を9月時点の2回から3回に修正。トランプ氏による財政支出拡大がインフレとともに金利上昇をもたらし、銀行セクターにプラスに働くと見込まれている。

ウンダーリヒ・セキュリティーズのチーフ市場ストラテジスト、アート・ホーガン氏は、トランプ政権が規制緩和を実施すれば最も規制が厳しい分野の1つである金融が恩恵を受けると指摘した。

11月8日の米大統領選以降、金融株は25%近く上昇しており、S&P総合500種の6%弱を大幅に上回っている。

一方、市場には相場上昇の行き過ぎや、最近のドル高が米企業の海外事業収益に及ぼす打撃を懸念する声もある。キングスビュー・アセットマネジメントのポートフォリオマネジャー、ポール・ノルテ氏は「ドル高と金利上昇がいずれ企業利益に影響を与えることになり、それがいつ、どの程度かが問題だ」と述べた。

インターネット検索のヤフー<YHOO.O>は6.1%下落。過去最大規模の10億人を超える個人情報流出があったと発表し、通信大手ベライゾン・コミュニケーションズ<VZ.N>への中核事業売却計画の先行きに不安が広がった。ベライゾンは0.3%上昇した。

米取引所の合計出来高は約81億8000万株で、過去20営業日平均の74億株を上回った。騰落銘柄比率はニューヨーク証券取引所が1.30対1、ナスダックが1.50対1ででいずれも上げが優勢だった。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 19852.24 +59.71 +0.30 19811.50 19951.29 19811.50 <.DJI>

前営業日終値 19792.53

ナスダック総合 5456.86 +20.18 +0.37 5443.51 5485.12 5439.39 <.IXIC>

前営業日終値 5436.67

S&P総合500種 2262.03 +8.75 +0.39 2253.77 2272.12 2253.77 <.SPX>

前営業日終値 2253.28

ダウ輸送株20種 9258.86 +40.50 +0.44 <.DJT>

ダウ公共株15種 649.23 +4.18 +0.65 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 909.97 +15.69 +1.75 <.SOX>

VIX指数 12.79 -0.40 -3.03 <.VIX>

S&P一般消費財 661.83 -1.68 -0.25 <.SPLRCD>

S&P素材 318.42 +2.25 +0.71 <.SPLRCM>

S&P工業 542.40 +0.16 +0.03 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 533.35 +2.58 +0.49 <.SPLRCS>

S&P金融 392.18 +3.94 +1.02 <.SPSY>

S&P不動産 186.45 -1.34 -0.71 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 560.03 +2.28 +0.41 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 804.40 +4.71 +0.59 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 172.31 +1.13 +0.66 <.SPLRCL>

S&P情報技術 821.81 +2.88 +0.35 <.SPLRCT>

S&P公益事業 243.21 +1.49 +0.62 <.SPLRCU>

NYSE出来高 10.05億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物3月限 ドル建て 19500 + 210 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物3月限 円建て 19440 + 150 大阪比 <0#NIY:>

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧