ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドル一時118円半ば、米利上げ観測と新政権への期待で=NY市場

2016年12月16日

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 15日のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨に対して買われ、ドル/円<JPY=>は一時、前日比1.4%高の118.66円と2月上旬以来10カ月半ぶりの高値をつけた。主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は一時、約14年ぶりの高値となる103.560を付けた。

米連邦準備理事会(FRB)がこれまでよりタカ派的な姿勢を強めるとの観測に加え、トランプ次期米政権下で米経済成長が加速するとの期待が背景。

FRBは前日まで開催した連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を1年ぶりに25ベーシスポイント(bp)引き上げたうえ、来年は利上げを3回実施する可能性が高いとの見通しを示し、利上げ回数の予想を9月時点の2回から引き上げた。

アナリストの間では、トランプ次期政権の財政出動を伴う景気刺激策を含めた経済政策がFRBの利上げを補完する形となり、ドル高が一段と進むとの見方が出ている。

クレディ・アグリコルの通貨ストラテジスト、バシリ・セレブリアコフ氏は「財政政策が一段と拡張的になる可能性が高まっているため、金融政策は引き締められるとの観測が高まっている」と述べた。

終盤のドル/円は0.9%高の118.11円。ユーロ/ドル<EUR=>は一時、1.6%安の1.0367ドルと2003年1月以来の安値をつけ、終盤は1.2%安の1.0406ドルで推移している。

バークレイズは、ユーロが対ドルで来年第3・四半期までに等価に達し、その後に1ドルの水準を割り込むと予想。JPモルガン・アセット・マネジメントは、ユーロが来年第1・四半期中にドルと等価になるとの見通しを示した。

ドルはスイスフランに対しても買われ、ドル/スイスフラン<CHF=>は一時、2010年8月以来の高値となる1.0344フランに上昇した。

ドル/円 NY終値 118.16/118.19

始値 118.33

高値 118.63

安値 117.67

ユーロ/ドル NY終値 1.0412/1.0416

始値 1.0412

高値 1.0448

安値 1.0367

*為替レートの表を更新しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧