ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

EU首脳会議、対ロ制裁の6カ月延長で合意

2016年12月16日

[ブリュッセル 15日 ロイター] - 欧州連合(EU)首脳会議は15日、ウクライナ情勢をめぐる対ロシア経済制裁を2017年半ばまで6カ月間延長することで合意した。

延長されるのはロシアの防衛、エネルギー、金融セクターを対象とする制裁で、正式な手続きは来週初めに行われる見通し。加盟国代表などが明らかにした。

ウクライナのポロシェンコ大統領は声明で、EUによる対ロシア制裁の延長決定を歓迎すると表明した。

トゥスクEU大統領は記者会見で、一部の加盟国首脳が12カ月の延長を求めたことを明らかにした。

加盟国代表などによると、一部の強硬派はトランプ次期米大統領が就任後にロシアへの圧力を弱めることを懸念し、長期の延長を求めたという。

トゥスク氏は、EUとしてトランプ氏の対ロシア政策を評価するのは時期尚早との見解を示した。

*内容を追加します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧