ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ECB、資産バブル抑制へ各国に対策強化求めず

2016年12月16日

[フランクフルト 15日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は15日、一部の国で増加する不動産価格や家計債務に警戒を示しながらも、資産バブルの抑制措置を各国に求める考えはないとの見解を示した。

ECBのマイナス金利政策や過去最低水準の借入コストで、欧州の一部では不動産価格が急騰。超緩和的な金融政策がバブルを拡大しつつあり、新たな危機の種になるとの懸念が浮上している。

この問題について、ECBは「金融循環がゆっくりと上向いており、循環的なシステミックリスクはECBの単一監督メカニズムがカバーするほとんどの国、そしてユーロ圏全体としても引き続き抑制されている」と指摘した。

また、「ほとんどの国は既に不動産セクターでマクロプルデンシャル政策を強化し始めているが、追加的な措置は取られるべきだ」との見方も示した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧