ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

前場の日経平均は9日続伸、欧米株高好感し連日の年初来高値

2016年12月16日

[東京 16日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比131円82銭高の1万9405円61銭と、9日続伸した。日経平均は寄り付きで昨日つけた年初来高値を更新。欧米株高や円安を追い風に輸出関連株に買いが先行した。その後は伸び悩む場面もあったが、週末要因によるポジション調整売りなどをこなしながら高値圏を維持した。

TOPIXも寄り付きで年初来高値を更新したが、次第に伸び悩んだ。前日比0.51%高で午前の取引を終えた。前場の東証1部売買代金は1兆3269億円だった。

銀行株など海外市場で高かったセクターには買いが集まったが、外需大型株の騰勢は徐々に衰えを見せた。日経平均は昨日までの8日間で1000円近く上昇しており、騰落レシオや25日移動平均線との乖離率など複数のテクニカル指標が過熱感を示している。

業種別では銀行、ガラス・土石、金属、水産・農林が買われた。水産・農林の上昇について市場からは「プーチン・ロシア大統領の来日を受け、北方領土問題で一部の島が返還されれば、漁獲エリアが広がるのではないかという期待がある」(SMBCフレンド証券チーフストラテジストの松野利彦氏)との声が聞かれた。

東証1部騰落数は、値上がり1210銘柄に対し、値下がりが661銘柄、変わらずが127銘柄だった。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧