ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドルは118円前半でもみ合い、株価のプラス圏推移を眺め

2016年12月16日

[東京 16日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の118.20/22円だった。午前中は日経平均株価がプラス圏を推移するのをながめて、118円前半を軸にしたもみ合いが続いた。

朝方は日経平均株価が100円超高で始まるなか、ドル/円は一時118.38円に強含んだ。仲値公示にかけて株価が上げ幅を削ると、一時117.96円に下押ししたが、その後は118円前半に持ち直し、正午にかけてもみ合いが続いた。

市場では「米金利が崩れなければ、ドル/円も崩れにくい」(国内金融機関)との見方が出ていた。米10年債利回りは一時2.578%付近に低下したが、正午にかけて2.598%付近に上昇した。

 「調整を挟みながら上値を試そうとする動きは、地合いの強さを示している」(国内金融機関)との見方も聞かれた。

前日は、欧州時間とニューヨーク時間にそれぞれ、14日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を消化しながら118円半ばに上昇した後、117円後半に押し返されたが、東京時間にかけて再び118円台に戻した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧